水質分析の必要性

水質検査はなぜ必要?

水質検査

人々の生活において「水」は欠かせません。また、日本は水道水をそのまま飲用できる、世界的に見ても非常に稀な国です。しかし近年になり、水道水の消毒に用いられる塩素が、トリハロメタン(発ガン性物質)を作り出してしまうという問題が指摘されています。

そのほかにも、屋外の水槽から配水されている場合などでは、その水が安全であるとは言い切れません。

ビルなどの管理者は、その水道の使用者に安全な水を提供しなければなりません。細菌が繁殖していたり、異物が混入しているような水を提供してしまえば、管理者の信用は失われてしまいます。使用者の健康を保ち、安全を確保するためにも、管理者はビル管理法で定められた水質検査を行う必要があります。

では、管理者の方々は現状どのようにして検査を行っているのでしょうか? 水の安全性に不安を抱える管理者様は、管理者における現状をご確認ください。