Dr.キセの水質分析講座

水質検査 消毒副生成物について その2

更新日時:2018/11/04

 

前回は、12項目ある消毒副生成物のうちクロロホルム・ジブロモクロロメタン・ブロモジクロロメタン・ブロモホルム・総トリハロメタンの5項目について説明しました。今回は、残りの7項目についての特徴や水質検査における注意点を解説していきます。 

 

 

6.シアン化物イオン及び塩化シアン (基準値:0.01 mg/L 以下であること)

シアンは、自然水中にはほとんど含まれていませんが、めっき工場などからの排水流入によって含まれることがあります。塩化シアンは、井戸水など水中にアンモニウムイオンや有機物が存在している場合、塩素処理により生成する可能性があります。シアン化カリウムは非常に有毒な青酸カリとして知られています。健康影響として、血液中の赤血球への障害、甲状腺の不調や神経障害、視力の低下、聴力障害などがあります。シアンは身体に蓄積することはないとされていますが、短時間で高濃度を摂取した場合死に至ります。

 

7.塩素酸 (基準値:0.6 mg/L 以下であること)

塩素酸は、二酸化塩素や次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素消毒剤の分解生成物です。次亜塩素酸を長期間保存していた場合、酸化により塩素酸の濃度が上がることがあり、特に高温下で保存しているとより濃度が上昇します。以前は水質管理目標設定項目(水道水中で検出の可能性があるが、毒性の評価が定まっていない項目)でしたが、平成2041日より水道水質基準に追加されました。健康影響として、赤血球への障害があります。

 

8.クロロ酢酸 (基準値:0.02 mg/L 以下であること)

クロロ酢酸は、人に対しての発がん性があるとは分類できませんが、ラットに対し体重減少等の影響があります。

 

9.ジクロロ酢酸 (基準値:0.03 mg/L 以下であること)

ジクロロ酢酸は、人に対して発がん性の可能性がある物質です。平成2741日より、基準値が0.04 mg/L以下から0.03 mg/L以下に変更されました。

 

10.トリクロロ酢酸 (基準値:0.03 mg/L 以下であること)

トリクロロ酢酸とは、人に対して発がん性の可能性がある物質です。平成2741日より、基準値が0.2 mg/L以下から0.03 mg/L以下に変更されました。

 

8〜10の化合物は、「ハロ酢酸と呼ばれています水道原水中の有機物や消毒剤塩素及び臭素との反応により生成されます。上記3種の他にも、ブロモ酢酸、ブロモクロロ酢酸、ジブロモ酢酸、ブロモジクロロ酢酸、ジブロモクロロ酢酸、トリブロモ酢酸等がありますが、今のところ検査項目には含まれていません。

 

11.臭素酸 (基準値:0.01 mg/L 以下であること)

臭素酸は、原水をオゾンで処理するときや、消毒剤の次亜塩素酸生成時に不純物の臭素が酸化されて生成されます。人に発がん性の可能性がある物質です。臭素酸塩の主な用途として、臭素酸カリウムはパン用の小麦粉の改良材として、臭素酸ナトリウムは毛髪のコールドウェーブ用薬品として使用されています。

 

12.ホルムアルデヒド (基準値:0.08 mg/L 以下であること)

ホルムアルデヒドは、特徴的な臭気のある気体で、合成樹脂、医薬品、農薬や消毒剤などに使われています。水によく溶け、その溶液はホルマリンと呼ばれ防腐剤に使用されます。建材に使用され手いる場合、空気中に放出されることがあり、「シックハウス症候群」の原因物質としても知られています。人に対して発がん性がある物質です。

 

 

※水道基準を超過した例※

20125月、利根川水系の浄水場で水質基準を超えるホルムアルデヒドが検出されました。原因は工場廃液に含まれていたヘキサメチレンテトラミンが消毒に使われた塩素と反応し、ホルムアルデヒドが生成したためでした。

 

 

消毒副生成物12項目の水質検査は下記のようなお客様からご依頼をいただいております。

 

○ビル・マンション、ホテルなどの施設管理会社様

受水槽の容量と水道水の使用量が合っていない場合や、一時的なテナントの空室により、水道使用量に対する貯水タンク容量が大きすぎる場合などは消毒副生成物の生成が進み、検出される場合があります。また、高架水槽の日よけが損壊断熱用の塗装が剥げてしまったという場合は受水槽内の温度が上がってしまうこともあり、消毒副生成物の発生の原因に成りえます。

ビル管理法の適用外の建物であっても、上記の理由などから水質管理の一環として任意で検査のご依頼をいただいております。

 

 

◎消毒副生成物12項目の水質検査の市場平均価格 ¥50,000のところ、

水質分析.comでは、

トリハロメタン12項目の水質検査を 43,000(別途消費税)で実施しております。

検査に必要な容器、送料は検査料金に含まれています!

 

急に水質が変化した場合などお急ぎで検査をご希望の場合特急で検査をお受けすることもできます。

特急で検査を行った場合、通常納期2週間のところ、1週間で結果をご報告できます(別途料金をいただきます)。

FAXやメールで速報をお送りすることも可能なので、ご相談ください。

 

その他の検査項目の

「 料金案内 」・「 検査納期 」はこちら


 

水質検査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは、こちらからどうぞ!

TEL   0455408590 (分析事業部直通)

受付 : 平日 9001700

 

  • ??????????
  • ???????????