Dr.キセの水質分析講座

【工場・事業場向け】工場排水における水質検査の必要性

更新日時:2019/03/16

今回は、「 工場排水における水質検査の必要性 」についてコラムを書かせていただきます。

 

 

下水道は、生活排水や工場・事業場排水などの汚水を下水処理場できれいな水にして、河川や海へ流す役割を果たしています。

 しかし、工場・事業場排水に有害物質などが含まれていると、下水道施設を損傷したり、下水処理場の浄化能力を失わせ、河川や海などの環境を汚染することがあります。そこで、これを防ぐために、国や都道府県では、下水道法や下水道条例など関係法令に基づき、規制しています。

 

 

今回は、

 

■ 排水を排出する時の基本知識

リスクマネジメントの重要性

■ 排水処理に困った…そんな時は?

 

以上の内容についてご説明していきます!

 

 

 

■排水を排出する時の基本知識

下水道には、どんな水でも流せるというわけではありません。例えば、酸性の強い排水は、下水管のコンクリートを腐食させてしまいます。また、重金属やシアンなどの有害物を含む排水や酸・アルカリ類を含む排水は、処理場で水を処理する微生物の働きを弱め、下水処理機能を低下させてしまいます。さらに、油脂類をはじめとする高濃度の有機物や浮遊物は、下水管を詰まらせたり、水処理にかかる負担を大きくしてしまいます。

この他にも重金属類は処理場の処理機能を阻害したり、発生する汚泥に濃縮・蓄積されるため、これを埋立処分したり再利用することが困難になってしまいます。

 

 このような様々な水処理の障害を防止し、処理場の働きを正常に保持するため、工場などの事業場から排出される排水には、排出基準値が定められていて水質汚濁防止法」や「下水道法」により一定の水質基準を維持することが求められています。また、自治体によっては上乗せ基準」という、より厳しい基準値を設けていることもあり、その場合は自治体の条例や規則に従う必要があります。

 

工場や事業場の中でも、製造工程や作業工程等で人の健康及び生活環境に被害を及ぼすおそれのあるものを含んだ汚水を排出する施設を置いている場合は、「特定事業場」に指定されます。特定事業場とそうではない事業場とでは排出基準は変わりないですが、手続き方法が異なっていたり、規制や罰則が厳しいものになっています。

 

 

 

リスクマネジメントの重要性

「工場排水」の視点から考えた場合、事業場を含めた企業の運営には「法令違反」や「排水に含まれる化学物質による周辺地域の汚染」などのリスクが潜在しているので、リスクマネジメントを実施してくことが重要になります。

 

有害物質を含んだ排水の流出や除害施設の異常時などの緊急事態への対応策の準備訓練手順に問題がないかの定期的な確認の実施は、設備管理の上で最も重要なリスク管理の一つと言えます。

 

また、法令や規則の遵守のためには排水処理状況の把握が必要です。目には見えないものの把握となるので、水質検査の実施が求められてきます。実施した水質分析の結果から現在の処理状況を記録していくことで、常に排出基準が遵守されているかが把握でき、法令違反の未然防止が行えます。

 

 

水質分析.comでは、上記のような法令や規則を遵守しなければならない工場や事業場をサポートするため、排水の水質検査を随時承っております

 

◎検査メニュー(一部抜粋)

分 析 項 目

料 金(別途消費税)

ノルマルヘキサン抽出物質

¥4,500

全窒素(T-N

¥6,000

全リン(T-P

¥3,500

SS

\2,000

シアン

\4,400

水質分析.comは、許認可資格として「濃度等計量証明事業 神奈川県知事登録 第168号」、「建築物飲料水水質検査業登録 横浜市28水第12号」を取得しています。

 

 

その他の検査項目については運営会社である「アムコン株式会社」のHPにてご紹介しております。是非、ご覧ください!

 

 

アムコン株式会社 分析事業部のHP、排水の水質検査はこちら

 

 

 

水質検査をご希望の方はお気軽にご相談・お問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせは、こちらからどうぞ!

 

お電話でのご相談も随時承っております。

TEL : 045-540-8590 (分析事業部直通)

受付 : 平日 9001700

 

 

 

■ 排水処理に困った…そんな時は?

 工場や事業場にて水処理を行う中でこのようなお困りごとはございませんか?

 

○濾過体が目詰まりして思ったように処理が出来ない…。

○導入している装置と排水の相性が悪い…。

○環境に配慮した運転をしたい…。

○日々のメンテナンスや運転操作をもっと簡単にしたい…。

 

 このようなお悩みを抱えているお客様におすすめなのが、アムコンの“ヴァルート脱水機”です!

 

 

◎ヴァルート脱水機とは

 濾布を用いるような従来方式の欠点でもあった、濾過体の目詰まりを機械的に抑制することに成功。目詰まり防止のためのセルフクリーニング機構により「大量の洗浄水が不要」となりました。また、高速化回転を伴わない低速動作により、「省電力」「低騒音」「低振動」で動作が可能です。更に、CO排出量の削減も可能となるので、作業環境だけでなく地球環境への配慮をすることもできます。

 さらに従来は、不可能とされていた低濃度汚泥の脱水にも対応。汚泥濃縮槽や汚泥貯留槽などの建設が不要となり、施設建設コストの大幅な削減も実現します。また、コンパクトな設計となっているので、他方式では設置を諦めるような場所であっても設置可能です。

 操作盤は、直感的に理解のできる操作系を採用し、各種情報をモニターに表示させることで、機械の状況把握を簡単に行えます。また、各種センサーを用いた自動運転制御により、24時間全自動無人運転が行えます。

 ヴァルートの用途は汚泥だけには留まらず、金属加工工場から排出されるドライフィルムレジストの剥離かすなど、多様な固液分離に用いることができます。

 

 

“ヴァルート” についての詳しい情報はアムコン株式会社のHPを掲載しています。ご興味のある方は是非、ご覧ください!

 

 

アムコン株式会社のHP、ヴァルートについてはこちら

 



 

 

監修 : アムコン株式会社 分析事業部

https://www.amcon.co.jp/products/water/

 

http://www.suisitubunseki.com/tiny/imagefile.php?img=20181203145151.png

****************************************************************************

 

水質分析.com

特急対応可!1 ・ 「 全国対応可!※2

 

 

その他の検査項目の

「 料金案内 」・「 検査納期 」はこちら

 

 

水質検査の詳しい内容水の疑問ご相談

下記のバナーをクリック!

お電話からでもお気軽にご相談ください!

-------------------------------------------

1:別途料金が発生します。

2:本州以外・離島など、一部地域は別途送料がかかります。

-------------------------------------------

 

  • ??????????
  • ???????????