飲料水水質検査

飲料水の水質検査について

飲料水の水質検査

飲料水は人間が生きていく上で必要不可欠なものであり、その重要性に伴って水質検査の基準も厳しくなっています。

ビル管理法該当施設では、ビル管理法により義務付けられている水質検査を必ず行わなければなりません。ビル管理法に該当しない施設でも定期的な水質検査を実施しないと、思わぬ事故につながりかねません。

飲料水の水質検査には主に以下のようなものが挙げられます。

受水槽がある場合

受水槽の大きさで、「専用水道」「簡易専用水道」「小規模貯水槽水道」などに分けられます。

「専用水道」
受水槽の大きさが100m3を超えるもの
水道法により、水質検査を毎月実施する義務がある
「簡易専用水道」
受水槽の大きさが10m3を超え100m3以下
水道法により、簡易専用水道検査を実施する義務がある
水質検査のみの実施義務は無い
「小規模貯水槽水道」
受水槽の大きさが10m3以下(上記二つに該当しないもの)
施設が所在する地域により、名称が若干異なる場合がある
施設が所在する地域の条例により、水質検査実施が義務となる場合がある

ビル管理法該当施設(特定建築物)の場合

専用水道以外であれば、ビル管理法に則って水質検査を実施する義務があります。

ビル管理法と水質検査はこちら

受水槽がない場合

ほとんどの戸建や規模が小さい建物、以前は受水槽があったが現在は受水槽を取り外してポンプを使っている場合、水道本管の水を直接供給しています。

浄水場からの水質を保持したまま供給されることがほとんどですが、ビル管理法と水質検査で事例を挙げているように、いつ、どのような事故が起こるかわかりません。

定期的な水質検査の実施をおすすめします。

井戸水など地下水を使用する場合

井戸水など地下水は、周囲の影響を受けやすいものです。

浅井戸は周囲の影響を受けやすく、大雨のあとや近くに畑や工場がある場合などは注意が必要です。深井戸は汚染の可能性が低く夏場も冷たいのですが、周辺の工事などで水脈が変わることがあります。

季節によっても水質に変化があり、滅菌装置を設置していない場合は細菌による汚染が考えられるため、定期的な水質検査の実施をおすすめします。

その他

飲食店などを開業する際に水質検査報告書が必要となる場合があります。地域により詳細が異なりますので、申請の際に市区町村役場や保健所にご確認下さい。

また、船舶の飲用水タンクに積み込まれた飲用水は、少なくとも年に一回の水質検査が必要となります。

「水質分析.com」の水質検査

信頼性の高い水質検査をお求めの管理者様は、ぜひ「水質分析.com」をご利用ください。

また、水質が「不適合」と判定された場合、「水質分析.com」にご依頼いただければ、専門業者を紹介し的確なアドバイスを行うことができます。水質検査料金は以下のリンク先をご覧ください。

料金案内